春ウコンの体験談

春ウコンでC型肝炎が改善、そして職場復帰

春ウコンがなかったら、今ごろどうなっていたのかといえるほど、私にとって春ウコンとの出会いは貴重なものでした。

というのも、C型肝炎で3週間入院したのですが、その間、インターフェロンを打った結果、本当に体にこたえるようなさまざまな思いをしたからです。

発熱、食欲不振はいうにおよばず、髪の毛も抜けるありさまでしか。

それでもやっとの思いで治療が一段落し、通院しながら薬をいただいたのですが、今度はその薬が合わなかったのか、黄疸が出る寸前にまで体が変調をきたし、おまけに貧血を起こし、またまた3ヵ月間入院することになってしまったのです。

本当にもうこりごりの経験でした。

退院後は1ヵ月の自宅療養の後、何とか職場復帰ができましたが、健康がどんなにありかたいかを痛感させられた年でした。

ところでウコンと私の出会いですが、じつは我が家では妻が数年前から栽培していましたので、自宅療養を始めるとともに、これを刻んで干し、買ってきた乾燥ドクダミと混ぜて煎じ、毎晩飲むようにしていました。

それから半年後、今度は職場の友人にすすめられて、市販の春ウコン粉末を飲むようになったのです。

春ウコンが体によいことがテレビ番組で紹介され、それをたまたま見ていた娘が、うれしいことに、追加して買ってくれました。

今は体調もよく、GOTは10~40に落ち着いています。

今後も春ウコンを飲み続けていくつもりです。

-春ウコンの体験談