ウコンについてのコラム

各部位の癌に対する春ウコン効能について

多くの種類の癌にも、春ウコン効能が期待されています。

部位でいうと、直腸、大腸、肺、肝臓、胃などのかなり多くの部位で、春ウコン(姜黄)が効き目を挙げたのではないかと考えられる研究成果が多数報告されています。

実際、抗癌剤を投与しても効果がなく、むしろ症状が悪化し、医師からの半ば見捨てられていたような症状の方が、春ウコンの服用によって回復した例がいくつもあると言われています。

この春ウコンとよく似た仲間のターメリックが肝臓に対して高い健康効果を持っている可能性があることが知られており、それの仲間である姜黄も、同じように多くの内臓などに働きかける力があるのではないかと期待されています。

また、冒頭で挙げた部位はすべて内臓ですが、内臓以外でも、子宮、膀胱、卵巣、前立腺などの下半身の各部位のがんに対しても、症状の改善があった可能性が報告されているようです。

春ウコン効能については、さらなる研究が進むことが期待されています。

-ウコンについてのコラム